弁護士に相談するメリット


弁護士交通事故被害を弁護士に依頼するメリットについて説明します。なかなか弁護士というとハードルが高いイメージやなかなか相談しにくいイメージもありますが、実際には弁護士に相談することによって大幅に示談金などが変わってきます。

交通事故の被害者になってしまった場合には慰謝料や賠償金を受け取ることになりますが、自分の力で保険会社と交渉をしてみても自分の中で納得することができない示談金額が提示されることがあります。もちろん自分1人で保険会社に相談しても良いのですが、なかなか交通事故の慰謝料について知らない人が保険会社に相談したり、意見を言ってもなかなか通りません。その理由は交通事故の慰謝料に対する専門的な知識が不足しているからです。

また、保険会社は被害者本人には相場の水準を下回る示談金しか提示しない傾向にあります。しかし、弁護士が入ることによってすぐに相場水準まで大幅に金額を増やしてしまう傾向があります。そのため、弁護士事務所の広告の中には示談金の増額がなければ報酬0円という広告を打ち出すところもあります。弁護士の事務所がこのような広告を打つことのできる理由は弁護士が入ると間違いなく勝てるといったことがあることから、弁護士事務所はこのような広告を出しています。そのため、実際に交通事故被害に遭った場合には保険会社に連絡をすることも大事ですが、弁護士に相談することも大事になります。